ウェディングプラン
挙式・披露宴・ウェディングパーティでゲストのみなさんを楽しくお迎えする、おふたりの魅力をたっぷり詰め込んだウェルカムボード
ファミリープラン
ご誕生、ご入学、ご卒業、結婚10周年など、ご家族の「いま」をいつまでも色あせないイラストに仕上げます
シングルプラン
還暦や古希、退職や退官、送別、お世話になった方への贈り物として、感謝の思いをたっぷり詰め込んだイラスト
ハガキプラン
年賀状や暑中お見舞い、引越しや結婚の報告など、ハガキでのご挨拶をオリジナルイラストで
リピーター割引
過去にウェルカム坊主のサービスをご利用いただいた方は、イラスト制作(データ作成)料金を10%割引。2枚同時にご注文いただく際(ウェルカムボード+サンクスボードなど)にも割引いたします。
便利な英文フレーズ
「Just married!」は間違い?「お近くにお越しの際はお立ち寄りください」は英語でどう表現する? 結婚にまつわる便利な英文フレーズをご紹介!
<< 【続報】英語の堪能な方 | main | 結婚報告ハガキの英文フレーズ・2 >>
結婚報告ハガキの英文フレーズ・1
 ウェルカム坊主では、製作したウェルカムボードに手を加えて結婚報告ハガキを作成したり、結婚報告ハガキのみを製作したり、ということもやっています。

 ウェルカム坊主のウェルカムボードでは、スタイリッシュに仕上げたい、言葉があまり目立つのはちょっと、というような理由で、英文を使うことが多いのですが、これは結婚報告ハガキを製作する際にも同様です。

 というわけで、ウェルカム坊主流の結婚報告ハガキ用英文フレーズを考えてみようと思いたちました。幸いウェルカム坊主には、無償で英文のチェックを引き受けてくれている、海外在住、海外留学中、配偶者がアメリカ人といった英語ペラペラの有能な外部スタッフ(勝手にスタッフにしてしまいました)がたくさんおりますので、そのなかの何人かにお願いして考えていただきました。

 まず必要になりそうなのは、「(わたしたちは○月○日に)結婚しました」というフレーズ。これがないことには、なんの報告なのかわかりません(イラストだけでもわかりそうだけど……)。

 よく見かけるのは「Just married!」という英文。シンプルに結婚したという事実を伝えていてよさそうですが、もともとの使い方とはずいぶんニュアンスがちがうみたいです。そもそもこの「Just married!」というのは、挙式を終えたカップルが乗り込む車に掲げるなど、いままさに結婚しました、というときに使うフレーズのようなのです。となると、挙式から数日、数週間過ぎてから送る結婚報告ハガキにこのフレーズを使うのはやはりおかしい?

 基本に忠実に「わたしたちは○月○日に結婚しました」をそのまま英訳するなら、

「We (just) married on January 1,2007!」

「We were (just) married on January 1,2007!」

みたいな感じでしょうね。日付は序数「1st」にしたり、英国式に月の前へ移してもいいでしょう。be動詞「were」を入れるか入れないかは細かなニュアンスのちがいで難しいのですが、be動詞を入れないと、自分たちの強い意志で結婚したというニュアンンスが、be動詞を入れて受動態にすると、皆様のお陰で結婚できましたというニュアンスが付加されるようです。

 また、主語を抜いて、

「(Just) Married on January 1,2007!」

なども、シンプルかつ、文法的に許容される範囲内のフレーズかなと思います。

 「結婚しました」に関しては、なかなかひねりようがないので、これら3フレーズを抑えておけば問題ないかな、と。

 なお、ここでご紹介している英文は、外部スタッフの助言をもとにしているとはいえ、英語能力皆無のにぎりこぷしが独断と偏見で選んで載せておりますので、解釈の間違いなどあるやもしれません。ご利用の際は計画的、じゃなくて、十分な注意をもってお願いします。また、ご意見、ご提案、ご質問などは、コメントにてどしどしお寄せください。

 次回は「お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください」について考えてみたいと思います。
2007.02.04 Sunday 14:14 | 便利な英文フレーズ | comments(7) |
はじめましてー。いつも楽しく拝見しています。
「were」とか、単なる「married」を使ってしまうと「過去に結婚したんだけどね〜」感が高くなってしまう様に感じるので(だからこそjustを入れるんでしょうが)、現在完了形:
We've (been) just married on 〜
にした方が「ついこないだ結婚したばっかりなのよね♪」的浮かれ感が出るんじゃないかなあ、と思います。

Just married!のmarriedは、過去形というより形容詞的に使われているんじゃないかなあ…。

俺程度の英語力でコメントするのも憚られたのですが、多少なりともご参考になれば。
| かばば | 2007/02/05 9:10 AM |
なるほどー。問題は、ぼくにはそれを判断するだけの英語力がないということですな。

結婚するには「get married」という表現もありますけど、これなんかもどうなんでしょうねえ。

引き続き、ご意見お寄せいただければと思います。
| にぎりこぷし | 2007/02/05 10:54 AM |
はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいてます

Visit us whenever you can!
いつでも 遊びに来てね!
という感じですね
お近くに…という表現だったら
Drop by という表現もありますが
結婚したあとの訪問なので家を見てください ということでしょう ということで
アメリカの習慣でこういう表現でいいと思います
滞米生活20数年継続中です(笑)
| みち | 2007/02/05 4:16 PM |
get marriedは、単なるmarryよりはbe married寄りの表現です。
が、get marriedとbe marriedの語感の違いを説明するのはめっちゃ難しいです…。

正確な意味はネイティブかそれに近い方にお任せするとして(って無責任でスミマセン…)、俺の印象だけで言えば、get marriedの方が「結婚したぜ!」みたいな、「結婚の事実」を強調してるかなあ、という感じがします。

あ、俺の英語力、客観的な指標を書いておいた方がいいですね。在米生活歴1年、TOEICは860点、てなところです。
| かばば | 2007/02/05 5:38 PM |
>みちさん
canを使うと、ちょっと、がんばってきてね的なニュアンスがあるように感じちゃうんですよね。これは日本人的発想なのかな。「Visit us whenever you want!」じゃダメかな。

>かばばさん
ゲットしたぜ! みたいな力強い感じですかね。間違いではないようなので、バリエーションのひとつに加えたいところです。
| にぎりこぷし | 2007/02/07 3:57 AM |
> ゲットしたぜ! みたいな力強い感じ
そうそう、文頭に「ついに!」とか入れて、
Finally we've got married!
とか言いたくなる感じです。


あと、whenever you canの"can"に「頑張って来てね」的ニュアンスはないので、フツーに使って大丈夫ですよ。
単に「あなたの都合のいいときに」ちう感じの、軽いcanです。

これをwantにしちゃうと…これもニュアンスの違いの説明が難しいんですが…来るか来ないかは「あなたの希望」ベースで、かえって「来たくなければ来なくていいよ」という隠喩に見えてしまう危険も感じます。避けた方が無難かと。
| かばば | 2007/02/07 3:36 PM |
Finally we've got married!
スポーツ紙の見出しみたいな語感ですね。なかなか使えそう。

日本人が日本語を使うときでも、考え方、感じ方はひとそれぞれ全然ちがうし、なかなか難しいですねえ。
| にぎりこぷし | 2007/02/08 5:12 AM |









Copyright © 2006-2016 ncopsi, All Rights Reserved.