ウェディングプラン
挙式・披露宴・ウェディングパーティでゲストのみなさんを楽しくお迎えする、おふたりの魅力をたっぷり詰め込んだウェルカムボード
ファミリープラン
ご誕生、ご入学、ご卒業、結婚10周年など、ご家族の「いま」をいつまでも色あせないイラストに仕上げます
シングルプラン
還暦や古希、退職や退官、送別、お世話になった方への贈り物として、感謝の思いをたっぷり詰め込んだイラスト
ハガキプラン
年賀状や暑中お見舞い、引越しや結婚の報告など、ハガキでのご挨拶をオリジナルイラストで
リピーター割引
過去にウェルカム坊主のサービスをご利用いただいた方は、イラスト制作(データ作成)料金を10%割引。2枚同時にご注文いただく際(ウェルカムボード+サンクスボードなど)にも割引いたします。
便利な英文フレーズ
「Just married!」は間違い?「お近くにお越しの際はお立ち寄りください」は英語でどう表現する? 結婚にまつわる便利な英文フレーズをご紹介!
<< 結婚報告ハガキの英文フレーズ・1 | main | Samples >>
結婚報告ハガキの英文フレーズ・2
 前回に続き、結婚報告ハガキ用の英文フレーズを考えてみたいと思います。今回は、この種のハガキのキング・オブ・決まり文句的存在ともいえる

「お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください」

を取り上げてみます。

 まずは前回の例にならい、忠実に英訳してみることにしましょう。

「Please drop by our house if you visit somewhere near our place.」
「Please stop by our house if you visit somewhere near our place.」
「Please come visit our house if you visit somewhere near our place.」

 「drop by」「stop by」はいずれも「立ち寄る」という意味ですが、「stop by」のほうが、やや気軽なニュアンスになるようです。「our house」は単に「us」だけでもよさそうです。「お近くに」を厳密に訳そうと思うとまわりくどいので、「somewhere near our place」を「our town」に置き換えてもいいかなと。

 しかし、いずれにしても、長ったらしくて説明的で、全然キャッチーじゃないですよね。そもそも「お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください」というのはなんとも日本的なフレーズで、そのまま英語で表現するのは難しそうです。厳密な意味にとらわれず、逆に英語的な表現のほうから攻めたほうがいいのではないかと。

 結局、ここでいいたいのは、「わたしたち新婚だけど、(変な気は回さずに)気軽に遊びにきてね」ということですよね。大事なのは「新婚」「気軽に」「来てね」の3つのイメージかなと。そもそも、英語フレーズで結婚報告ハガキを、と考えている時点で、ラフな雰囲気を意識しているわけですし。あとは、それをぼくらにもなじみ深い英文で表現できたらいいなと。

 新婚を意味することばとして、「newlyweds」というのがあるそうです。

「Please come visit us the newlyweds!」

 だいぶん短くなりましたが、「newlyweds」ってことば、ちょっとなじみが薄いですよね。じゃあ、たとえばこんなふうに言い換えてみたらどうでしょう。

「Please come visit our sweet home!」

 スウィートホーム! いかにも新婚、甘いムードがムンムン漂っていて、来るなら来い! という恐いものなしのウェルカム感が伝わってきます。「come visit」を「drop by」「stop by」にするとより軽い感じなりますね。

 もしくは、「気軽に」を「挨拶だけでもいいから」という感じで表現して、こんなのはどうでしょう。

「Please stop by and say hello!」

 「say hello!」はわかるよね。響きもちょっとかわいい感じ。「hello」のかわりに「hi」を使えば、より気軽な感じになりそうです。でも、「hello」 のほうが語呂がいいかな。

 いつでもいいから、って感じを強調したいなら、

「Please stop by anytime!」
「Whenever you want,please stop by our sweet home!」
「Whenever you have time,please stop by and say hello!」

なんてどうでしょう。下ふたつはちょっとくどいかな。強調しすぎると、逆に、来ないで!感が高まってしまうかも(むしろそれが本音か?)。ひとつめはかなりシンプルなんで、フレーズとしては物足りないけど、吹き出しに入れて使うのにはよさそう。「anytime」の前に、「our sweet home」「and sey hello」を入れるとちょうどいいかも。

 気軽感を別方面から攻めて、こんなのとか。

「Please stop by for a cup of tea!」
「Please stop by for a glass of beer!」

 以上を総合して、ぼくの個人的なおすすめは、

「Please stop by anytime!」
「Please stop by our sweet home (anytime)!」
「Please stop by and say hello (anytime)!」
「Please stop by for a glass of beer!」(酒飲み用)
※「stop by」は「come visit」「drop by」でも可

 ひとまずこんなところですかね。それはちがうんじゃない? こんなのはどう? みたいなのがありましたら、どしどしコメントを。また、こんな日本語を英訳してというリクエストがあればお寄せください。うちの有能な外部スタッフが云々……。
2007.02.05 Monday 04:35 | 便利な英文フレーズ | comments(4) |
にぎりこぷしさんこんにちは。
数年前からえにきファンですが、カキコミは初です〜。

さて、英語訳の件ですが、単純に
「come and see us!」
はいかがでしょう?

いたって気軽に「あそびにきてね!」というニュアンスで。

以前我が家が引越しハガキを作る時に同じ悩みに直面し、結果的に採用したフレーズです。
我が家には小さな子供が2人いるので、子供達の写真に小さく吹き出しで挿入しました。

ちなみに、結婚報告ハガキの時は、「We've married!」でしたよ。なんか、「結婚したぞ!」と断言してる感じが勢いがあるかな・・・と思い。にぎりこぷしさんのイラストもこんな雰囲気が合ってる気がしますが、いかがでしょう〜。

カキコミ場所違いですが、息子さんの成長が、我が家も去年一昨年と通った道で、微笑ましいです(´∀`)
| はるか | 2007/02/05 12:23 PM |
もし「お近くにお越しの際には」を忠実に訳出したいのであれば

stop by when you are in the neighborhood

と言えるかと思います。知人にもらうカードにたまにこう書かれています。
| nekozou | 2007/02/06 10:54 AM |
>はるかさん
「come and see us!」はシンプルでいいですね。結婚に限らず、いろんな場面で使えそう。「We've married!」もたしかに響きが力強くていいですね。

>nekozouさん
知人さんはネイティブの方でしょうか。いわゆる命令形にするのは、来い! と言っているようで気が引けるのですが、そんなことはないのかな。来てね、だと、pleaseはないほうが、軽くていいのかな。
| にぎりこぷし | 2007/02/07 4:05 AM |
書き方が悪かったですね。もちろんpleaseはつけます。なお、このようなカードをくれるのはネイティブです。ご参考までに。
| nekozou | 2007/02/07 9:39 AM |









Copyright © 2006-2016 ncopsi, All Rights Reserved.